• +81 (50) 5308 5610
  • info@npo-gms.org

マヒドン大学熱帯医学研修について

簡単に飛行機で海外に行ける今、国境を越えて日本国外の感染症の動向を学ぶことは大切です。一方で熱帯医学の現場は、その土地での地域医療であり、寄生虫を含めた感染症の多くは、蚊、水、土を介して感染し、貧困と多く結びついています。マヒドン大学は熱帯医学領域ではアジアのリーダーとして教育に力を入れており、ディプロマ、修士のコースには毎年日本人が参加しています。今回、マヒドン大学熱帯医学が短期研修を主催します。

対象は医師(内科、小児科、総合医、感染症医)、看護師等を対象としています。講義、ワークショップは大学の第一線の臨床医、研究者が担当し、実際の病棟ラウンドや顕微鏡を使った消化管寄生虫実習、マラリア診断、ハンセン病の診断、治療など実践的な研修をします。マヒドン大学熱帯医学キャンパスは、BTS victory monument駅から徒歩7-10分程度です。
Bangkok schoolのビル(Chamlong Harinasuta Building)

  • マヒドン大学熱帯医学研修
  • マヒドン大学熱帯医学研修
  • マヒドン大学熱帯医学研修
  • マヒドン大学熱帯医学研修

マヒドン大学熱帯医学研修実行委員会

マヒドン大学熱帯医学短期研修は、講義、ワークショップは大学の第一線の臨床医、研究者が担当し、実際のベッドサイドラウンド、顕微鏡を使った消化管寄生虫、マラリア診断など実践的な研修です。

  • 森博威

    森 博威 (Mori Hirotake)

    内科、マヒドン大学 熱帯医学部 特任教授、マヒドン大学DTMH,PhD卒業、余市協会病院
    NPO法人GMS、とちノきネットワーク【研究内容】消化管寄生虫症の感染伝播

  • 森博威

    石岡 春彦 (Haruhiko Ishioka)

    内科、ICU、感染症科、マヒドン大学DTMH,PhD卒業、Mahidol-Oxford Research Unit 研究員
    水戸協同病院 感染症科【研究内容】重症マラリアの循環動態

  • 森博威

    羽田野 義郎 (Yoshiro Hadano)

    内科、感染症科、マヒドン大学DTMH, MCTM卒業、聖マリア病院 感染症科
    【研究内容】メリオイドーシス

  • 森博威

    和足 孝之 (Takashi Watari)

    内科、マヒドン大学DTMH, MCTM卒業、島根大学卒後臨床研修センター
    【研究内容】熱帯疾患のバイタル異常